展覧会・イベント

開催中

木に魅せられた匠たち

2024年6月5日(水)~9月3日(火) 2階・3階鑑賞室(期間中は刀剣の展示はありません)

日本の文化や美術において、木は欠かせない存在です。木材は古くから建築や工芸品の素材として利用され、日本の美意識や精神性を象徴する要素の一つとして深く根付いています。日本の伝統的な工芸や民藝作品において、木は特に重要な素材として扱われ、その美しさや技術は世界中で称賛されています。

本展覧会では、木に魅せられた匠たちと題し、木工と漆芸で知られる黒田辰秋の作品や、棟方志功の板画など民藝作品のほか、日本国内でも木の文化が色濃く残る能登地域の輪島塗をはじめとする工芸について、その歴史や作品を紹介します。

日本における木の文化の奥深さや多様性、民藝や木工芸の深い美の世界をご堪能ください。

展覧会情報

会期・会場 2024年6月5日(水)~9月3日(火)/2階・3階 鑑賞室
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日、火曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
入館料 一般 800(600)円、大学生以下無料 ( )内は20名以上の団体料金
主催 公益財団法人秋水美術館
共催 北日本新聞社 富山テレビ放送