秋水美術館

本日
開館
2024.07.18  10:00-17:00

一般800

大学生以下無料

※入館料は企画展により
変動する場合があります。

展覧会EXHIBITION

開催中

木に魅せられた匠たち

2024年6月5日(水)~9月3日(火) 2階・3階鑑賞室(期間中は刀剣の展示はありません)
日本の文化や美術において、木は欠かせない存在です。木材は古くから建築や工芸品の素材として利用され、日本の美意識や精神性を象徴する要素の一つとして深く根付いています。日本の伝統的な工芸や民藝作品において、木は特に重要な素材として扱われ、その美しさや技術は世界中で称賛されています。 本展覧会では、木に魅せられた匠たちと題し、木工と漆芸で知られる黒田辰秋の作品や、棟方志功の板画など民藝作品のほか、日本国内でも木の文化が色濃く残る能登地域の輪島塗をはじめとする工芸について、その歴史や作品を紹介します。 日本における木の文化の奥深さや多様性、民藝や木工芸の深い美の世界をご堪能ください。
次回

富山市所蔵作品展

2024年8月1日(木)~8月22日(木) 1階 イベントルーム
市が所蔵する絵画等の美術品を、市民の皆様にご鑑賞いただくため、平成29年度から「富山市所蔵作品展」を開催しています。今年度は「異国の情景」をテーマに、ガラス美術館、ギャルリ・ミレーで、「抽象・具象」をテーマに、秋水美術館で同時開催します。

イベントEVENT

次回

学芸員によるギャラリートーク

2024年8月11日(日)14時~ 3階 鑑賞室
14時より学芸員によるギャラリートークを開催いたします。お気軽にご参加ください。

過去の展覧会・イベントARCHIVE

お知らせNEWS

2022.10.22 日本刀の研磨実演ダイジェスト動画
2024.06.04 「源氏物語と王朝の美」の学芸員によるギャラリートークの動画を公開しました
2024.06.04 「木に魅せられた匠たち」の会場の様子を動画ギャラリーからご覧いただけます(期間中は刀剣の展示は一切ありません)

コレクションCOLLECTION

秋水美術館のコレクションは、日本の中世から現代までの工芸作品を軸としています。美術館活動ではこれらの作品を中心に、先人たちが長い歴史と伝統の中で育んだ、精神性の高い、我が国独自の芸術を紹介していきます。

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせくださいませ。