展覧会/イベント

終了しました

現代刀職展 - 今に伝わる いにしえの技

2018年11月23日(金) ~ 12月16日(日)

1. 柄前の部 無鑑査 三谷修史/
2. 彫金の部 無鑑査 長嶺雅臣/
3. 作刀の部 高松宮記念賞 高見一良


 秋水美術館では、公益財団法人日本美術刀剣保存協会が現代刀職者の育成と技の公開を目的とする事業として開催している「現代刀職展」を、今回北陸初の巡回展として開催いたします。

 かつて同協会で開催していた現代刀匠を中心とした「新作名刀展」と、刀剣を研磨する研師および外装を制作する刀職者のための「刀剣研磨・外装技術発表会」は、それぞれ60年を超える深く長い伝統をもつ展覧会でした。本展はこの伝統と格式を礎に、新たな歴史を刻むべくこれらを一つにし、合同で展示する展覧会として、新刀剣博物館開館を機に昨年度から新たに企画されたものです。

 公益財団法人日本美術刀剣保存協会の創始者である佐藤寒山先生の遺訓であり、基本精神である「和」の理念によって成し遂げられた渾身の力作が勢揃いいたします。本展を通じて刀職者が胸に抱き日々実践している「和」の精神も感じ取っていただければ幸いです。

会期・会場
2018年11月23日(金) ~ 12月16日(日) / 2階鑑賞室
開館時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
入館料
一般1,000(800)円、高校生500円、中学生以下無料 (  )内は20名以上の団体料金
研師・要堺市郎氏による研磨実演
当館2階 鑑賞室前ロビー(要鑑賞券・予約不要)

関連イベント